カッティングマシンを買ってみました。

前回、ハスラーにスノーピークのカッティングステッカーを貼りました。思った以上に良い仕上りになりました。そうなるとオリジナルのカッティングステッカーを作りたくなるのが人の性…。ということで、カッティングマシンを購入しました。

Roland STIKA SV-8

ちょっと調べたところ、趣味利用で使われているカッティングマシンの有名なものに Roland 社の STIKA というものがあるらしく、ネット情報も互換品もたくさんありそうだったのでコレに決めました。

仕事で造船用の NC 切断(鉄板を切断する機械)用のデータ処理をやったりしてますが、それのミニバージョンみたいな感じでしょうかね。

一番安いモデルの SV-8 の最大のカットサイズは 160mm × 1000mm。ワゴン車の車体側面にデカデカと貼られた社名ステッカーでも作れるサイズなので、趣味用途には十分です。

試し切り

DVD-ROM が同梱されているので、手元の Windows 10 に SV-8 のドライバをインストールし、CutStudio という Roland 製ソフトを入れます。この CutStudio でデザインしてカットするらしい。また、Adobe Illustrator 用のプラグインもあるようです。

試しに、CutStudio を起動してネットでダウンロードしてきた適当な画像をインポートし、枠線の抽出後、シートをセットしました。

通常のインクジェットプリンタは本体の奥から手前に印刷されたものが出てくるので、初めは奥の方からシートを入れようとしていましたが、手前から奥に差し込むのが正解みたいです。(説明書読め)

動作音は結構うるさめ。

シートは手前から差し込んで、本体の左右にある線に合わせます。左右どちらかが合わなければシートが傾いている証拠。右にあるストッパーを解除して傾きを微調整します。

あとは普通のプリンタと同じように CutStudio から「カット」をすると、シートを前後させながらカッターがガリガリ切ってくれます。とても便利やぁ…。

カットが終わったら、ステッカーの不要な部分をピンセットで剥がして、アプリケーションシート(転写シート)を貼りつけて完成。

映画「ゴーストバスターズ」を見ながら作業した結果です。

こんなんが出来ました! 面白い…(笑)

割と細かな形状もカットできますね。ただ、顔のパーツや指などの接着面が小さな部分が多いと、不要な部分を剥ぎ取る作業の時に一緒にくっついてきて難儀しました。今後デザインする時の参考になります。

ハスラーの給油口

いくつかカットのテストをしてみて、だいぶ傾向が分かってきたので、ハスラーの給油口のカバーに貼るステッカーを作ってみたいと思います。

ステッカー作成

元となるデータを作ります。ハスラーの給油口のカバーは 203mm × 163mm で角が R=35mm らしいです。

PS/IL のペンツールと同じ操作感覚のフリーのベジエドローソフトってないのかな。

上のような画像を Photshop で作成し、 EPS 形式で保存して CutStudio に読み込ませようとしましたが上手く行かず。EPS 経由だとベクタのまま取り込めると思ったのに、原因不明のままあまり調べませんでした。(todo: 後で調べる)

結局、Illustrator を持っているので、イラレ本体と SV-8 のイラレプラグインをインストールしてカットしました。今回のためにイラレをインストールしたんですが、プロダクトキーを紛失してしまって30日間の無料体験期間突入です…。うーむ。メインはあくまでも Linux なので、Linux は蚊帳の外である CC への切り替えタイミングを失なっていましたが、本格的に考えた方がいいかなぁ。Lightroom も使いたいし。

CutStudio はその上でガリガリとデザインをするほど高機能ではないですが、初心者には使い易そうで好感触。ただ、インポート形式が JPEG/BMP/EPS と、PNG やベクタデータに対応していないのは、今のご時世もったいないところです。CutStudio は Windows 9x 時代からあるみたいなので、Windows 10 でも使えてるだけマシなのかな。願わくば、SVG や AI 形式もサポートしてもらいたいですねー。

SVG をサポートしていれば、Inkspace を練習する良い機会になりそうだけど。

裏に印刷されているLGのロゴが透けて見えてます。LGはステッカーも生産してるのかぁ。

カットが済み、不要な部分をピンセットで取り除き、アプリケーションシートを貼って完成。ステッカーも台紙も白色なので、分かりやすいよう透かして写真を撮りました。

今回利用したのは「中期用屋外耐候4年カッティング用シート (200mm×10m ステカ SV-8 サイズ, 白)」という商品。一応、4年持つやつらしいけど、さてどのくらい持つもんなのかなー。

車体に転写

平日なので夜間作業です。嫁ちゃんに照明係をお願いして作業スタート。まず、貼り付ける給油口カバーのホコリを丁寧に拭いて綺麗にします。本来であれば、明るい晴れた日に洗剤で脱脂→乾燥させてから貼るのがベストだと思いますが、テストも兼ねているのでとりあえず省略。

作成したステッカーの台紙を剥がして、ステッカー部分とアプリケーションシート(透明の転写シート)だけにします。

位置を合わせながら、気泡ができるだけ入らないよう車体に貼りつけます。

指でぐいぐい押して、ステッカーを車体に密着させます。あらかた擦ったら、今度はステッカーが剥がれないように注意しながら、アプリケーションシートだけを剥がしていきます。

広い面部分はどうしても気泡が入りやすいので、カッターナイフで小さな穴を開けて空気を逃がします。カッターがなかったので嫁ちゃんが指でグイグイしてました。

ひとまず貼り付け完了です。ここまでの作業時間は3分。暗いと雰囲気が分かりづらいですねっ…。

明るい場所に移動して撮り直してみました。

イメージどおりの仕上がりで、とりあえず満足しました。今回のステッカーは自己主張しすぎず、ちょうど良い収まり具合。車体は良い天気の時はめちゃくちゃ熱くなるし、紫外線にも風雨にも耐えてくれないといけません。どのくらい持つかは様子見していきたいと思います。

この STIKA SV-8 は、Tシャツのアイロンプリントシートのカットにも使えるみたいなので色々遊べそうです。僕も変なTシャツを作りたいな〜。

ハスラーにスノーピークのロゴステッカーを貼りました。

今日から6月です。九州南部の梅雨入り発表があったものの、長崎は良い天気だったので、前日に到着したスノーピークのロゴステッカー(カッティングシート)をハスラーに貼りました。

貼りつける場所の表面のホコリや油脂をよく落として、台紙を外したカッティングシートをフィルムごと車体に貼りつけます。

結構空気が入ってしまいました。フィルム部分は良いとして、白いカッティングシート部分の気泡は仕上がりに影響します。 指で押して気泡を抜きました。

白いカッティングシートが車体に定着するよう注意しながら、フィルムを剥がして終わりです。 所要時間は約3分。とっても簡単です。

ひきで見るとこんな感じ。カッティングシート内にちょっと気泡が残ってしまいましたが、剥がれる様子もなく、2〜30cmのところまで近づかないと分からないのでヨシとします。

遠くからでも視認性が高いし、純正のラインストライプ デカールとの相性も良くてとても気に入りました。これで軽キャン仕様(にわか)車に近づいてきたかな〜。

本当は、無駄にデカいようで視野は狭い・ハスラーのリアウィンドウ内に貼る予定でしたが、ロゴステッカーが予想よりも大きく(35cm×8cm)ワイパーに干渉しそうだったため、ウィンドウ外のバックドアに貼りつけました。

リアウィンドウの使い勝手の悪さといえば、ドラレコのバックカメラの装着場所も難儀しまくって、放置してたんだよな…。なんとかせねばー。
((ヽ(‘ω’)ノ三ヽ(‘ω’)ノ))

ハスラーにルーフキャリアを載せました! その2

前回記事では、ハスラーのルーフに載せるための以下のパーツを揃えました。今回はいよいよ載せていきたいと思います。

パーツがたくさんありますが、上手く分けてあるなあという印象を持ちました。ベースシートはオプション。取付フックはルーフ形状に依存しているのでハスラー専用。バーはルーフ幅に依存。ステーやラックは共通部品。組み合わせによって色々な車種やアタッチメントに対応できるよう、パーツ単位で分けて販売されているようです。

その分、車種によって取り付ける位置やパーツが変わるので注意も必要です。手の数は多い方が良さそうだったので、近所に住む弟に手伝ってもらいました。

ベースキャリアの取り付け

力の必要な作業はなく、位置を測って微調整、のくりかえしです。さすがどちらも日本製。パーツの工作精度はとても高く、ミリ単位で測って位置を決めていきます。

取り付ける前のハスラーのルーフ

ベースキャリア(ベースシート、取付フック、バー、ステー)の取付に別途工具を準備する必要ありません。ルーフとベースキャリアの固定は4箇所のボルトですが、これらは同梱されているトルクレンチを使います。

ベースキャリアを取り付けたハスラーのルーフ

手順は説明書のとおりです。前後のバーの両端にステーを取り付けて、測って決めたルーフ上の位置に載せます。フックを取りつけて、それぞれが歪まないようにボルトを締めていくだけです。

「○○の中心から××ミリメートル」といった、測って位置決めをしなければならないことが多いので、マスキングテープで目印をつけながらやると捗りました。

ルーフキャリアの取り付け

ルーフキャリアを取り付けたハスラーのルーフ

ルーフキャリアの取り付けには、プラスドライバー、マイナスドライバー、10mm のレンチが必要です。

説明書のとおり、サイドフレームと7本のポールで四角形のルーフキャリアを組みあげます。プラスドライバーとマイナスドライバー(マイナスは硬貨でもOK)を使います。その後、ベースキャリアの上に載せて、ベースキャリアのステーに干渉しないよう取り付け金具の方向(内向きか外向きか)を決めます。

ルーフキャリアを一旦おろして、取り付け金具を固定した後、再度ベースキャリアに載せて、手まわしのノブがついたボルトで締めれば完成です。

2人がかりで午前10時すぎに作業を始めて、すべて出来上がったのは11時半。1時間ちょっとの作業です。慣れたら1時間かからないと思います。

1人でも出来ない事はないですが、バランスを見たり、計測しながら左右前後の位置を合わせていく作業は2人いた方がいいと感じました。

今回、手伝ってくれた弟にとても感謝です。

テスト走行した感想

その後、佐世保市内から佐賀県の武雄市に乗っていきましたが、キャリアはビクともせずにとても安定していました。下道で約1時間の道のりです。

武雄温泉に遊びに来たよー!

高速道路はまだ走っていませんが、郊外道路の追い越しなどで瞬間的にスピードが出た時も安定していました。荷物を積んでいないので、特に運転した感覚が変わった様子もなし。

風切り音については、気になるレベルではありませんでした。スピードが出て、向かい風になった時に一瞬だけ、頭の上でコォー…と鳴っているかな?程度。走行音の方がよっぽど大きいので、オーディオをつけると分からなくなるレベルに感じました。

車体を横から見たところ。

ハスラーといえばツートンカラーのルーフ色(カラフルなベース色に加えて、白や黒のルーフ色)が印象的ですが、僕のハスラーは予算をケチったので[efn_note]ルーフをベースと別の色にするにはプラス4〜5万くらいでした。その金額があれば今回のキャリアが載せられるもんなぁ…。[/efn_note]、ルーフ色はベース色と同じメタリックカーキ。脚立のようなオシャレなシルバーのルーフキャリアが載ることによって、ちょっとしたワンポイントになったと思います。

購入前に作ってみた配色イメージ図。視認性と軽SUVっぽさを求め、前後側面デカール、サイドミラーカバー、ルーフキャリアでアクセントカラーとした。

契約前にイメージ図として作ったものに似てきました。実際に取りつけた様子を見ると「イメージしていたものより、キャリア部分が狭いかな?」と思ってしまいそうですが、近くで見ると割と広々しています。ホームセンターで売っているアイリスオーヤマのボックス(通称「ホムセン箱」)の85cmサイズが2つ積める計算です。

これ1つだけでも、後部座席を下げた状態の荷室容積が倍になる計算です。4人がゆったり座って、4人分のキャンプ・バーベキュー用品を積むことができるようになりました。キャッキャ。

車高アップ

ハスラーに装着したルーフキャリア(リア・左側)

今のところ、高速走行も強風の中大きな荷物も積んでいないので、車高が高くなった影響は全くありません。

ただ、機械式立体駐車場に停める場合はノーマルより注意が必要になりそうですね。

ノーマルのハスラーだと車高1660mmらしく、機械式立体駐車場だと1550mm制限もあるので、ルーフキャリアの有無に関わらず駐車できません。N-BOX+も1780mmなんでダメですね。

ハスラーに装着したルーフキャリア(フロント・左側)

ルーフキャリアまで載せた状態だと、車高がプラス十数cmになっているはずですので(後でちゃんと測ろうっと…)、余裕をもった制限のところに停めるのが無難だと思いました。

ハスラーにルーフキャリアを載せました! その1

新車のハスラーが届いてから1週間の間に、4回も雷雨と霰に見舞われました。佐世保では滅多にないことなのでびっくり…。

せっかくの新車が1週間でだいぶ汚くなってしまいました。ハスラーだけに、アラレちゃんが歓迎してくれてるのでしょうか…。んちゃぁあ… _(:3」∠)_

積載量アップするぞー!

それはさておき、納車前から予定していたルーフキャリアを取り付けていきたいと思います! 取り付けの目的は、積載量アップとちょっとしたドレスアップです。

僕のハスラーは、純正ルーフレールがないモデル。インターネットで調べたところ、「純正のルーフレールが付いているモデルだと純正のルーフラックしか載せられない」みたいな記事を見かけました。

アクセサリーカタログにもルーフラックベースキャリアの紹介はあるものの、ルーフレールの記載はない[efn_note]「※写真はルーフレール付車用です。」みたいな記述はありました。ハスラーのワンダラーとかにしか付いてないのかな。[/efn_note]んですよね。契約前にディーラー担当者に確認したところ、純正ルーフレールは付かないとの事だったので、社外品で固める事にしました。

カーメイト inno ルーフキャリア

今回、Amazon で注文したのは以下のものです。国産の大手メーカー、カーメイトの inno を揃えました。ハスラーのルーフに載せるものを下から順に紹介します。

ベースシート

ルーフという光沢面に数十kgの荷物を積載して、運転時にかかる力を支える訳なので、保護フィルムを準備しました。購入時は1,050円でした。

取付フック

ルーフの形状は車種によって異なるため、専用形状のフックが必要になります。僕のハスラーは上記のやつで良さそうです。車体側面側に噛ませる金属フック、ルーフ上部に噛ませる樹脂フック、雨漏り防止用のシールが入っています。購入時は3,682円でした。

ベースステー

フックとバーの間の立ち上がりの部分です。左右2個×前後の計4個入ってます。購入時は9,659円でした。

バー

左右のベースステーを連結して、アタッチメントを支えるためのバーです。前後で2本入っています。127cmのものを購入しました。購入時は4,496円。ハシゴなどの長物を積むだけであれば、以上の装備と固定用ロープorゴムだけでも何とかなりそうな気がします。(保証はできないけど…)スキー板やサーフボードといったものは専用のアタッチメントも沢山あるみたいですねー。

ルーフキャリア

僕は長物の他に、箱やバッグといったものを載せて走りたいので、ルーフキャリアを載せることにします。サイズは100のものをチョイス。購入時の価格は8,190円です。安心の国内メーカーの中では一番安いのかもしれません。お手頃価格のアルミ製のものです。レビューを見ると「風切り音が…」という話もありますが、さてどうかな?

耐荷重は?

それぞれのパーツのマニュアルを読むも、最終的に載っけられるモノの最大積載重量が良く分かりません。マニュアルには

  • 取付フックは30kgまで。(ただしルーフボックスを載せる場合は40kgまで)
  • ステーは60kgまで。
  • ルーフキャリアは50kgまで。

との記載。ルーフキャリアのマニュアルには

ルーフキャリアのマニュアルの計算式

上記のような算出方法も書いてあるんですが、「車種ごとの最大積載量」が何を指しているのかよく分からない。普通に考えるとボトルネックになっているのは取付フックの30kgだろうなぁ…なんて思いました。

取付フックの方のマニュアル。
これが「車種ごとの最大積載量」かな?

多分あっているとは思いますが、念の為、カーメイトに問い合わせてみました。メールで「コレコレを準備したけど、結局何kg載せられるの?アタッチメントってこの場合は何を指す?」という問い合わせだったのですが、平日に送ったのもあってか、数時間で返信がきました。しっかりした対応は嬉しい!

ハスラー(フラッシュレール無、H26.1〜、MR31S/MR41S)にお知らせいただきました ベースキャリア+アタッチメント(IN557/4.9kg)を取付けた際、 積載物の最大積載量は25.1kgになります。

(最大積載重量30Kg - IN557重量4.9Kg = 25.1Kgまでの荷物を積載可能)

なるほどなるほど。結局、フック自身の重量やバーの重量は関係なさそうです。25kg までであれば、小さめの二人掛けソファーなら積める計算です。ワアイ。これで十分。

マニュアル

パーツに付属しているマニュアルは公式サイトでも見ることができます。

バーや保護シートは、特に説明書はなくても大丈夫かと思います。

次は、いよいよルーフキャリアを載せていきたいと思います。続く