このサイトについて

このサイト「dyama’s page」は、運営者である dyama が感じたことや体験したことを書いている備忘録的なものです。

書いている人

撮影セットでアウトドア感を醸し出そうとする著者

dyama です。長崎県佐世保市の海と山が育んだピチピチの30代男性です。

  • 普通自動二輪免許をとって2年です。
  • システムエンジニアをやっています。
  • 腰のヘルニアと戦いながら生きてます。
  • 辛いのは好きだけど、食べると腹を壊します。
  • 甘いのが好きです。

dyama 家の登場人物

嫁ちゃん

かわいい。

最近、我が家にやってきた謎の美少女。

  • 小さい。
  • 動きが面白い。
  • 愛嬌たっぷり。
  • よく言い間違えをします。
  • 怒るとほっぺがプクーってなります。

ホンダ・スーパーカブ 50 デラックス

さくら道のカブさん

2002年製造の AA01 スーパーカブ。

突然スーパーカブが欲しくなり、近所のバイク屋に行って一番安かったこのカブを購入。手に入れた時から純正ではない水色の塗装がしてありました。元はタスマニアグリーンメタリックだったみたい。このカラーリングのおかげで、いろいろな方から声をかけられます。

入手後に50ccから85ccにボアアップした黄色ナンバー(原二乙)です。ツーリングに出かけると、下道で1日180kmくらい走っています。

ホンダ・VRX400 Roadstar

ゆったりのんびりVRXさん

1996年製造の「ロードスポーツ・ルネッサンス」。ほぼノーマルの中古車を2018年に購入しました。

「ネイキッドとアメリカンの間の子」と評されることが多いVRX。しかし、ネイキッドほど速くもなく、アメリカンほどライポジがゆったりとしていない※1中途半端具合が不人気と言われる車です。あまりに売れなかったためにすぐに販売終了になりました。

ただ、僕は乗り易いし気に入っています。ツーリングにでかけても車種かぶりをすることがなく、すれ違うライダーから「あのバイク何だ?」みたいな反応をされることもしばしば。一応、スタイルはトラディショナル・ネイキッドらしいです。

※1 シート高は、スティード(680mm)やCB400SF(755mm)よりも高い770mmです。

スズキ ハスラー 2WD Gターボ

2019年3月に我が家にやってきた新顔の軽自動車。長崎の細かい山道をグイグイ走ります。我が家の狭い駐車場にも駐車できて、小回りも効くし、街と山をウロウロするには必要十分といった感じ。高速道路ではスピードは出るものの、ステアリングの軽さがちょっとキツいです。社外品のルーフキャリアを載せています。

ダイハツ ミゼット II カーゴ Dタイプ

実家の車。