PyGame で遊ぶ

PyGameとは、Python用のSDLラッパで「Pythonを使って比較的簡単にゲームが作れるよー」といったライブラリです。自前のIRCモジュールと組み合わせて、キャラクターの操作が可能なアバターチャット的な偽オンラインゲームなど、ガリガリ書いてみました。

今日はとりあえず、メモ代わりにPyGameを用いたスクリプトの基本形を貼っつけておきます。

</p>

<h1>!/usr/bin/env python</h1>

<h1>-<em>- coding: utf-8 -</em>-</h1>

<p>import pygame
from pygame.locals import *</p>

<p>if <strong>name</strong> == &quot;<strong>main</strong>&quot;:</p>

<pre><code>pygame.init()
pygame.mouse.set_visible( True )
scr = pygame.display.set_mode( (640, 480) )
pygame.display.set_caption( 'test' )
c = pygame.time.Clock()

while True:
    c.tick( 60 )

    scr.fill( [ 63, 127, 127 ] )
    pygame.display.update()

    for event in pygame.event.get():
        if event.type == QUIT:
            sys.exit()
        if event.type == KEYDOWN:
            if event.key == K_ESCAPE:
                sys.exit()
</code></pre>

<p>

特に解説するところもないですね。読んだままの意味です。

参考リンク

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください