端末キャプチャツール「captty」

筑波大の古橋貞之(viver)氏が開発されたターミナルのキャプチャツールcapttyを使ってみました。ターミナルサイズの動的な変更のサポートに対応しています。

また、氏の提供されているサービス partty!.orgを組み合わせる事により、ターミナルの内容を他の人とシェアしたり、ブログに貼り付ける事が出来るなど素晴しい仕様。

準備

github より、cloneして、ビルドします。

git clone https://github.com/frsyuki/captty.git
./autogen.sh
./configure
make all

エラーが発生しなければ、src ディレクトリにバイナリが生成されます。

$ cd src
$ ./captty
Captty 0.3.4

[record tty]$ captty r[ecord] .pty [command...]
[replay tty]$ captty p[lay] .pty
player keyboard control:
    g    rewind to start
    l    skip forward
    h    skip back
    k    speed up
    j    speed down
    =    reset speed
    ;    pause/restart

録画を開始すると、新しい TTY セッションが開始されます。任意のコマンドを実行し、録画を終了するには TTY セッションを終了させます。

cursesアプリケーションなどのレクチャや rogue ライクゲームのリプレイに丁度良さそうです。

※ 2020/07/02 度重なるブログ移転・ブログシステムのアップデートにより崩れた記事を校正。

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください