Debian GNU/Linux でISOイメージを焼く

wodimコマンドが手軽ということを聞いたので、インストールして焼いてみました。

sudo aptitude install wodim

例のごとく、インストールはこれだけです。特に設定も必要ありません。
あとは、CD/DVDライターデバイスにアクセス権のある権限で、以下のように実行します。

$ sudo wodim -dev /dev/scd0 -eject image.iso
wodim: No write mode specified.
wodim: Assuming -tao mode.
wodim: Future versions of wodim may have different drive dependent defaults.
Device type    : Removable CD-ROM
Version        : 5
Response Format: 2
Capabilities   :
Vendor_info    : 'HL-DT-ST'
Identification : 'DVDRAM GH24NS50 '
Revision       : 'XP01'
Device seems to be: Generic mmc2 DVD-R/DVD-RW.
Using generic SCSI-3/mmc   CD-R/CD-RW driver (mmc_cdr).
Driver flags   : MMC-3 SWABAUDIO BURNFREE
Supported modes: TAO PACKET SAO SAO/R96P SAO/R96R RAW/R16 RAW/R96P RAW/R96R
Speed set to 8468 KB/s
Starting to write CD/DVD at speed  48.0 in real TAO mode for single session.
Last chance to quit, starting real write in    0 seconds. Operation starts.
Track 01: Total bytes read/written: 678825984/678825984 (331458 sectors).

上記のようなログが流れて、上手に焼けました。

投稿者:

dyama

システムエンジニアです。佐世保に住んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください