スーパーカブのオリジナルTシャツを作りました。

先日、購入したローランド STIKA SV-8 はアイロン熱転写シートもカットできるので、試しにスーパーカブのTシャツを作ってみました。

準備したもの

カッティングマシンのほか、次のものを準備しました。

Tシャツはアイロンがけするので、綿などの生地が良いようです。

シートをカット

適当にデザインしたものをカッティングマシンでカットし、不要な部分をピンセットで取り除いたところです。今回は初めての熱転写ということで、どのくらいの精度・強度が出るか分かりません。そこで、見た目が良くなるようにカブのスポーク部分を省略したデザインにしました。

通常のカッティングステッカー用シートに比べたら、肉厚で粘着力がある印象を受けました。ピンセットで剥がす作業がとっても楽ちん。

Tシャツの上に乗せて、位置決めをします。ここに来て気付いたんですが、裏表が逆になっています。

そ、そうか…。カッティングステッカーとは違って反転転写されるから、元のデザインも反転して作っておかねばならないのか…!

しかしこれは背中に貼るデザイン。「背中側なので反転しているデザイン」と言い張れなくもないので、このまま転写してしまいました。

適温がよく分からなかったので、アイロンの温度を徐々に上げていきました。当て布が要らない(透明の台紙フィルムが溶けない)程度の温度なら大丈夫なようです。プレスしながらまんべんなく白い部分を溶かして、生地に馴染ませました。

台紙フィルムをゆっくり剥がして、コピー紙を敷いて仕上げのプレスをして完成。

表の胸元には、ホンダウィングを貼りつけたいと思います。こっちのロゴは左右反転してたらカッコ悪いので、最初から反転させた状態でカットしました。

胸元ロゴはアイロンの設定温度が高すぎたようで、アイロンを押し当てた途端に台紙フィルムが溶けてぐにゃり…。慌てて温度を下げて、ならすようにプレスしました。

一応、ちゃんとくっつきましたが細かな文字がちょっと心配です。

裏面は、反転しているもののかなりキレイに仕上りました!

初めてにしては及第点かな〜。カブでウロウロする際に着て出掛けたいと思います。

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください