WordPress の記事投稿を Markdown に変更しました。

タイトルのとおり、WordPress の記事投稿を WP-Markdown というプラグインを入れて Markdown に変更しました。HTML のビジュアルエディタだと、コード中の <> 記号との相性が悪かったり、ドキュメントの文字情報とレイアウト情報がごちゃごちゃになってしまう HTML というものの、情報の入れ物としての素質的にどうなのかなあ、と思うところがあっての変更です。

シンタックスハイライターと衝突

これまで、コードのシンタックスハイライトには「SyntaxHighlighter Evolved」というプラグインを利用していましたが、Markdown プラグインと相性が悪いのか、レイアウトが崩れてしまいました。 現在は SyntaxHighlighter Evolved を無効にして、WP-Markdown の pretify syntax highlighter を有効にしています。これは pretify.js というライブラリでハイライトしてくれるらしいモノで、SyntaxHighlighter Evolved のように行番号表示や言語を指定する機能はありませんが、軽快かつ適当に色をつけてくれます。

なお、wp-markdown-syntaxhighlighter というプラグインを入れれば SyntaxHighlighter Evolved との衝突を防げるといった記事を見かけましたが、自分の環境ではムリでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。