Android SDK の導入

Ubuntu 11.10 に NEC LifeTouch NOTE をつないで、いじくる時に操作したメモです。基本的には、以下の手順で OK なはず。

  1. android-sdk_r*-linux.tgz のダウンロード、解凍。
  2. tools/android update sdk –no-ui の実行。

下記では、Java SDK をインストールしていなかったので、その導入からしています。

まず、都合がいい場所に作業ディレクトリを設け、バイナリを落としてきます。

mkdir android
cd android
wget http://dl.google.com/android/android-sdk_r16-linux.tgz
tar xvf android-sdk_r16-linux.tgz
cd android-sdk-linux

解凍して出てきたSDK Readme.txtの中にupdate sdkせよ、との記述があるので、それに従います。

tools/android update sdk --no-ui</p>

<h1>Java がないよ、と怒られる</h1>

<p>

Java 環境をインストールしていなかったので、ここからJavaインストール・フェイズ。

sudo aptitude update
sudo aptitude search java | less</p>

<h1>OpenJDK や gcj だけで、Sun 製の Java がない。</h1>

<h1>Ubuntu11.10 用のリポジトリを追加してやる。</h1>

<p>sudo add-apt-repository ppa:ferramroberto/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install sun-java6-jdk</p>

<h1>デフォルトの Java 環境設定</h1>

<p>sudo update-alternatives --config java

気を取りなおして、再度SDKのインストーラを実行します。

tools/android update sdk --no-ui

Android4.0 や 3.x 向け環境がわさわさ入ってしまう。うっわ要らねえ、うち 2.2 と 1.6 しか持ってないのに・・・と思ってマニュアルを読んでみると、ターゲットバージョンを指定するオプションがある模様です。
次に、Android 端末をホストに USB 接続します。

dmesg       # 反応あり。
adb devices # デバイスが表示された。
adb shell   # つながったー。

拍子抜けするほど、あっさりつながりました。
adb を使いたいだけなのに、Java SDK をごっそり入れてしまいました。ちゃんと調べれば、必要なものだけ入れることができたのかもしれません。

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

「Android SDK の導入」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください