人工生命の進化シミュレーション Tierra

Tierraとはスペイン語で地球を意味する。進化生物学者 Thomas S.Ray博士が開発した仮想コンピュータシステムTierraはコンピュータ上にデジタル生態系を創造し、そこに生息するデジタル生物たちはより賢く、より巧妙に自然淘汰を乗り越え進化していく。

元ATR人間情報通信研究所 木目沢司氏「Tierra入門」より

Google ソースコード検索で Tierra のソースコードを探してみたら、簡単に見つかった。

ftp://ftp.forth.org/pub/Linux/misc/tierra-4.3.tar.gz

元 ATR の Tom Ray 博士や木目沢氏の名前が見られる事から、本家のソースだと思う。以前、X11 版の Tierra のソースコードを拾ってきてビルドしてみた事がある。そっちは、Yet Another Tierra というものだった。

ちょっくら、ビルドしてみようと思った。

$ mkdir tierra
$ cd tierra
$ wget ftp://ftp.forth.org/pub/Linux/misc/tierra-4.3.tar.gz
$ tar zxvf tierra-4.3.tar.gz
$ ls
README  alcomm/  beagle/  doc/  overview/  tierra/  tools/
$ cd tierra
$ make
Tierra Artificial Life system
Please edit this Makefile,
un-commenting the line(s) for your machine type / OS.
and choice of options.
Then say:
make programs
$ cp Makefile Makefile.org
$ vi Makefile

configure は無いらしい。 Makefile を弄れというので弄る。うちは Linux なので、Linux の箇所の OSFLAGS と LIBS を設定。curses と termcap を使ってるみたい。

## Linux ------------------------------------
#
OSFLAGS =
LIBS    = -lm -lcurses -ltermcap
#
# or for almond ...
#
# OSFLAGS       = -DALCOMM
# LIBS  = -lm -lcurses -ltermcap -lalcom -lresolv
#

HP9000 がデフォルトみたいだったので、一応コメントアウト*1。その後、

$ make programs

とすると、”tierra1″ が生成される。Makefile を読むと、ついでに gensoup (ジェネレーション・スープ)のファイル群も吐いている模様。wktkしながら実行。

./tierra1 gb0/

コピーライトが表示され、「Tierra initializing, please wait …」というメッセージが出て、先に進まない。

あれ?と思って別の事をやっていると、公式ページに最新ソースと Linux/Windows 用バイナリが落ちてるのを発見。

あとでリベンシしよう。

*1:Linux と同じ変数定義なので、実は Makefile の編集は不要だったり。

投稿者:

dyama

システムエンジニアです。佐世保に住んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。