mruby から Lua を呼び出すための mruby-lua を書きました

mruby は、こちらでも述べられているように組み込み言語として広く使われている Lua を強く意識した実装になっています。 mruby も Lua もそれぞれ、他システムに組み込むのが簡単ということだけあって、多からず相互利用の試みは mruby が登... 続きを読む | シェアする

FORTRANコードをCで使う

仕事で古い FORTRAN77 のコードを .NET Framework (C# アプリ)から呼ぶことになり、ビルドと呼ぶ手順について検証しました。それまで漠然としたイメージしかなかった FORTRAN を触れる良い機会だったので、覚え書き程度に一般的... 続きを読む | シェアする

OpenCASCADE 6.9.0 を LMDE でビルド

先日、自宅サーバの Debian GNU/Linux Jessie 32bit 版で OpenCASCADE 6.9.0 と siren をビルドしました。 自宅サーバは、SSH で外部からアクセスして開発ができるので便利である一方、オンボード Atom... 続きを読む | シェアする

OpenCASCADE 6.9.0 を Debian でビルド

先月の12日にリリースされた Open CASCADE の 6.9.0 をビルドしました。公式のロードマップでは 6.x 系列は 6.8 が最後で、次は 7.0 になるとの話だったはずですが、何だかんだで 6.9 がリリースされた模様。 v6.9 のリリ... 続きを読む | シェアする

グラフィックLCD風ディスプレイシミュレータ

去年の11月、フレームバッファに直接値を書き込んでプログラムからお絵描きがするような、手軽なプログラミングをやってみたい人向けに LCD 風ディスプレイシミュレータを書きました。 ある通常ファイルを /dev/fb0 のようなデバイスファイルに見立て、フ... 続きを読む | シェアする

VTL (Very Tiny Language)の実装を七行プログラミングで挑戦してみました

1970年代の中盤に開発された極小インタプリタ言語 VTL (Very Tiny Language) の基本的な演算構文を7行で書いてみました。 VTL に関しては、以下に詳しい記述があります。 VTL(Very Tiny Language)の作成 H... 続きを読む | シェアする

Open CASCADE 6.7.1 をビルドする

開発環境の準備 g++(GNUコンパイラコレクションのC++コンパイラ一式)は既にインストール済みであることを前提としています。 aptitude install automake libtool nginx を動かして小さなウェブサイトをホスティング... 続きを読む | シェアする

mruby: C++のクラスをラッピングしてRubyクラスとして使えるようにしてる途中

sirenの改修を行なっています。これはもともと、Open CASCADE の C# アプリケーションサンプルに含まれていた OCCTViewer クラスを参考にして組んだものがベースで、C# アプリケーションのコードとネイティブな DLL の間を取り継... 続きを読む | シェアする