最新 Draw Test Harness の配布

2017-03-27 追記

この記事で紹介している Open CASCADE Technology Draw Test Harness の最新版は、公式配布のパッケージ内にあります。

Download Open CASCADE Technology 7.1.0 | OPEN CASCADE

上記の URL から入手することができます。(無料です。ダウンロードには登録が必要)

詳しい使い方は要望があれば記事にしたいと思います。

(追記終わり)


OpenCASCADE 最新版 6.5.3 の Draw Test Harness (対話的なコマンド実行環境) の Windows 用バイナリパッケージをアップロードしました。Open CASCADE Technology Public License に基づいて配布しています。

ダウンロード: dth653.zip (約21MB)

DTH を実行する為に必要な依存関係も一式入っているので、ダウンロード後、解凍するだけで実行できると思います。OpenCASCADE 本体が依存して利用しているライブラリは次のとおりです。配布ライセンスはそれぞれのものになります。

Tcl/Tk, FreeImage, FTGL, GL2PS, TBB, MSVCランタイム(リリース)

テスト環境とは言うものの、これだけでもかなりの事ができます。 例えば、IGESモデルを三次元空間上に読み込み、任意のBスプライン曲面で切り取った面積を求めたり、ソリッドモデル同士のブーリアン演算を行なったり、曲面に他のオブジェクトを投影したり、オフセットを取ったり・・・etc。 詳しい使い方は、ヘルプコマンドを実行するか、同梱の thug.pdf をご覧ください。

Tcl/Tkで簡易マップエディター

Tcl/Tkの勉強がてら、簡易マップエディターを書いてみました。マップデータは0から7までの色番号が並んだテキストファイル。16色カラー端末上で表示させる為のマップを想定しています。

実行結果

参考にしたサイト

  1. http://www.k5.dion.ne.jp/~minyu/script/tcltk.html
  2. http://homepage3.nifty.com/kaku-chan/tcl_tk/index.html
  3. 入門 tcl/tk 久野靖著・アスキー出版局