Blender-001 埋込式コンセント

Blender3.0 を使い始めました。手元の Linux (LMDE4) の公式リポジトリにあるのは 2.79 だったので、Blender 公式サイトの方からバイナリダウンロードして使っています。

今の職場では数年に1度の頻度でデモンストレーション用の CG を作成するんですが、Blender は趣味にしておいても充分に価値があるもの。やる気になっているうちにモノを作ってみて慣れていこうと思います。

小物を100個くらい作ってみたら、必要な機能は網羅できるかなぁと考えました。最終的には乗り物や人体、風景が作れるようになりたいですねー。

チュートリアルをこなしていくのが効率的かつ最短距離なんでしょうが、やっぱ自分が作ろうと思ったモノ(目的)に対して手段(機能)を習得していく方がモチベ維持になるかなと。途中で挫折したりチュートリアルに変更するかもしれませんが、ちょくちょく出していこうと思います。

さて1回目は埋込式コンセント。簡単そうで将来的に再利用できそうなものを作りました。

ベベルによるフィレットと、ブーリアン演算モディファイアによるオブジェクトの差を使いました。

シェーダのせいかライティングのせいか…あんまり立体感がありませんね。なんだか写真テクスチャをノペッと貼ったみたい。

それまで(たまにしか使わなかった) 2.79 からいきなり 3.0 に変更したので、左クリック選択から慣れないとダメですね(笑)

また、検索して出てくる記事も 2.8 系・2.9 系・それ以前を対象としたものがまだまだ多いようです。3.0 がなければ 2.9 の記事を参考に、という具合で調べていってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください