3本足の豚

嫁ちゃんが謎の置物を買ってきました。「3本足の豚」という、南米の幸運を運んでくれる御守りらしいです。

野ブタ。をプロデュース』という日本のテレビドラマに登場したものらしいですが、観たことがないので、あまりピンと来ませんでした。


手づくり感。

説明書きも入っていました。

3本足の豚のお話し

南米チリのチャンチャス(編註:チャンチトス?)という村でのお話し…

昔、お父さんが病気で、仕事にも行けずその日の生活にとても困っている貧しい牧場の家がありました。

お父さんの病気もなかなか治らず、収入がなく、ついに食べ物もなくなり、家族が困り果てたその夜、お父さんの夢に家で大事に飼っている豚が出てこう言ったそうです。

「僕の足を食べて下さい。そうすれば元気になります。」

翌日、お父さんはお告げの通り、大事に飼っている豚の足を1本、泣く泣く切り落とし、家族みんなで分けて食べたところ、病気が治り、また仕事に行けるようになったそうです。

そして、その家族は豚さんを忘れないために粘土で3本足の豚を作ったところ、幸運や仕事にも恵まれ幸せになったそうです。

それ依以来、3本足の豚は幸運や愛情を運んでくると信じられ、御守りとなり、家族や友人達に遅るととても縁起が良いとされてきました。


動物が人間に対して献身的な行動をする昔話は、世界中にあるようですね。とりあえずテレビの前のフィギュア置き場に仲間入りです。

ちゃんと3本足です。

豚足を食べたくなってきました。

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください