種子島で足止めです。

フェリーが欠航

8月13日の朝7時半、種子島から屋久島に向かうフェリーの会社に電話したところ、欠航が確定したとのことでした。種子島から本土に向かう船ももちろん欠航。今日の夕方には風雨が強くなってくるため、種子島で足止めが決定しました。

屋久島にも行きたかったけど、台風を待って渡っていたら休暇が足りません。まあ、予定外のスケジュールになるのも旅の面白いところですので、屋久島は次の機会にとっておきましょう。

ツーリングの時に同じ場所で何泊もすることはないですし、観光地をハシゴするのでもなく、部屋でゆっくりな時間を過す。貴重な機会じゃないですか。しかも、あまり経験することが出来ない南西諸島での台風上陸です。

離れた食堂に行き、準備されていた朝食を食べ、宿のご主人に延泊決定の話をしました。快諾していただいた上、バイクが強風で転倒しないか心配していただきました。

ロープを借りて、建物にぐるぐる巻きに固定…と、その前にやることがあります。食料・生活用品の調達です。

天気予報を見ると、18時以降に降水確率90%と風雨が強くなるようです。その前に対策をしておかなくては。

種子島で買い出しに行くぞー

宿なので一通り揃ってはいるものの、昼ごはん・晩ごはんはありません。歯ブラシやタオル、剃刀といったアメニティはありました。当たり前ですが、コンタクトレンズの洗浄液はありません。直撃する暴風雨の中、買い出しに行きたくないので、天候が悪化する前に準備したいと思いました。

昼ごはんを昨晩同様、ジョイフルに食べに行くと、今度は空いていました。台風上陸直前のためか交通量も少ない感じ。昼食後にドラッグストアやホームセンター、ヤマダ電器などを巡り、いろいろと調達してきました。

  • 今夜の夜、明日の昼、明日の夜 計3食分
    • カップ麺 ×3
    • インスタントご飯 ×3
    • 鮭フレーク ×1
    • 魚の缶詰 ×3
    • スポーツドリンク ×2
  • 嗜好品
    • おやつのチョコレート ×2
    • 煙草 ×2
  • サンダル
    … バイク用ブーツしかないため、ちょっとトイレに行くにも不便なので。
  • ゴミ袋、テープ、ボールペン
    … テント泊の可能性が消えたので、テントや寝袋など一式を自宅に送付しようと思った。段ボール箱を探しに行ったけど、店頭で聞いても良いものがなく、ゴミ袋でぐるぐる梱包しようと思った。
  • フリーザーパック
    … 水を汲んだり、食べ残しを冷蔵庫に入れたり、汚れた靴下を入れたり、何かと便利。
  • コンタクトレンズの洗浄液
    … 予定の日数分しか持ってなかったため。
  • USB充電器
    … 2穴タイプを1つ持参していたが、充電したいデバイスは倍以上あったため。
  • 延長コード
    … 宿の部屋にも1本あったが、微妙に短かったため。
  • パナソニックの電気シェーバー

3食分の食料品やサンダルはドラッグストアで安く買えたものの、電気シェーバー、延長コード、USB充電器などの家電系は地味に高く、予想外の出費。

ほんとは百均で揃えたかったんですが、最寄りの百均(Daiso コスモタウンプラッセ種子島店)の品揃えが壊滅的に悪く、ダイソーの商品を少し陳列しただけ、スーパーの一区画を棚で区切っただけの百均。もちろん、USB充電器も売ってなかったため、近所のヤマダに買いに行きました。

(ちなみに、もっと港の方にまともそうな百均もありましたが、風と小雨が強くなってきているので断念。旅先では安全第一です。)

電気シェーバーは普段使ってません。なぜか思わず買ってしまいました。屋外の洗面台に行かなくてもヒゲが剃れるのは良いとして、台風時に「お篭り」なのでヒゲを剃らなくても良いワケです。謎の出費です。

しかも、食事に使う大切なものを買い忘れていました。

VRX の固定

食料調達の任務が完了したので、宿にお借りしたロープで VRX をぐるぐる巻きにして建物に固定します。ちょっとやそっとじゃ動かないぞ。

ロープをお借りした時、宿のご主人に「徒歩圏内には何もない。バイクも強風の中は危険だろうから、うちの自動車を使いたかったらどうぞ」と言っていただけました。ただ泊まりに来ただけの県外の人間なのに、めちゃくちゃ親切です…。頭が下がるばかり。

また、台風の時はたまに停電があるそうです。水は出るけど、お湯は出なくなるらしい。夜、部屋でエアコンが使えないのはキツそう。持参していたモバイルバッテリーと USB 扇風機を充電しておきます。

敷地内を散策

台風への備えは万全となったので、あとはやることがありません。敷地内を散策してみました。

これが僕が一人で泊まっている建物の全景です。1階は左から調理室、洗面所、洗濯機、浴室、トイレになっています。2階はすべて客室で、僕の部屋は真ん中の3号室。2階へのアプローチは写真奥に隠れている坂から入ります。

浴室内はこんな感じ。湯船は石とコンクリートで作られているようですが、なぜか手前半分が埋められていました。奥側に一人分の湯船スペースがあるようです。

建物を横から見たところ。裏手は、2階の天井の高さまで地面になっているようです。

建物の前には池があります。宿のご主人曰く、プールだった時もあるし、魚の養殖池だったこともある、とのこと。「今は何?」と聞いたところ、特に何もしていない池らしいです。

覗き込むと、手のひらよりちょっと大きいサイズの亀が一匹いました。かわいい(笑)

池の横には、内部にハンモックが連るされた平屋があります。こちらは通常時は娯楽室に、団体客が来た場合は大勢が一度に泊まれる宿泊施設とのことです。

周囲は山と田畑だけで、あまり民家がありません。暗い雲が風に流され、次々とやってきていました。

2泊目の夜

夜になり、買ってきた食料で夕食を取ろう準備をしていると、箸がない事に気付きます。調理室に行くとスプーンを見つけたので、それを借りて何とか食べましたが麺類は超絶食べにくい…。

もう台風は強風域まで近づいてきているし、明日は買い出しに行けるかなぁ。

テレビを見ていると、さらに翌日のフェリーが欠航することが伝えられていました。明日の分の食料は買ってあるけど、明後日も暴風雨の予報。また買い出しに行く必要があるかもしれません。

どんどんと大きくなっていく台風の轟音の中、眠りにつきました。

続く。

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください