ハスラーの新車を契約しました。

スズキの初売りに行き、ハスラーの新車を契約しました。

ダイハツ ミゼット II

うちには現在、実家から借りているダイハツ・ミゼットIIのカーゴタイプがあります。後期の定員2名モデルですが、元が定員1名の設計であるため、次のCM動画を見てもらうと分かるとおり、とても車内が狭いです。

小さくて、小回りが効いて、荷物が積めて、とても愛嬌のある可愛い車なんですが、二人以上でロングドライブするには向いていません。最近、嫁ちゃんと出掛ける機会が増えてきたので、思いきって車を購入することにしました。

自宅の駐車場事情から軽自動車、一択です。

ホンダ

2018年の年の瀬。ホンダ乗り(二輪的な意味で)ということもあって、まず訪ずれたのはホンダのディーラーでした。

N-VAN

ホンダの公式サイトより

去年の入院の時から気になっていた N-VAN に試乗。動画やレビューを散々見まくっていたので、今更驚くようなことはなかったですが、現物を見てもイメージどおりの広さで快適そうでした。運転していても、乗り心地もまるで商用車っぽくない。

後部座席や助手席は「ハイゼットよりちょっとマシ」といった程度で、ロングドライブに同乗者を連れていく用途には向かないなーと思いました。

ホンダのディーラーにて試乗させてもらったN-VAN

ま、何といってもこの車のウリはフルフラット&ピラーレスの大空間。オートバイが積めるというだけあって、かなり広い。軽じゃないみたい。フルフラットにした状態で僕と嫁ちゃんが寝転がってみましたが、あとマット一枚あれば余裕で車中泊ができます!これは男心をくすぐるな〜。

男の浪漫である車中泊やトランポ化は魅力的でしたが、年に数回の用途のために、それ以外の何百回もの日常使いを犠牲にするのは、さすがに気が引けて諦めました。2台目や趣味車、仕事車としては最高なんだろうなぁ。

N-BOX

日常使いの乗用目的であれば N-BOX をと推されましたが、あまり気が進みません。今改めて思い返しても悪いところがないはずなのに、なんとなくコレじゃない感がありました。どうせ新車を買うのなら、デザイン的な意味でもっとアウトドア感が欲しい。「一番売れてる」のも良く言えば万能、悪く言えば凡庸で面白味に欠ける印象を持ちました。(あくまでも個人的な印象ですヨ!N-BOX乗りの方、スミマセン)

なお、嫁ちゃんはスライドドア(できれば電動)が気に入っていたようです。

N-WGN

ホンダの公式サイトより

N-WGN はディーラーの担当の方もオススメしてませんでした。少ない軽のラインナップで、他の軽を扱っているメーカーより若干高めのホンダの中でも最低グレードの位置付けらしく、下取り価格も期待できないとか。

そういえば去年、別の場所に中古車を見に行った際に100万円ほどする N-WGN を推されまくった記憶も。その時に運転した感じは悪くはなかったですが、新車として買う選択肢には入っていません。

ダイハツ

ホンダのディーラーで担当者の話が長く、ダイハツに着いた頃には夕暮れ時でした。軽といえばダイハツかスズキ。ダイハツといえば、ハイゼット!タント!ウェイク!

タント・ウェイク

ダイハツ ウェイクの公式サイトより

試乗なし、座ってみて「ああ、広いなぁ」くらいで特に印象がありませんでした。担当者曰く、ウェイクはターボじゃないと荷物を満載して長崎の坂道を移動するのはキツい、との話でした。N-BOX 同様、最初からこの手の車は狙っていなかったので、話もそこそこに次へ。

ハイゼット トラック

ダイハツの公式サイトより

新車のハイゼットを初めて見ました。キズだらけで汚れてこそハイゼットっていうステレオタイプもあって、なんだか新鮮です。ツーリング中にパンクしても回収に行けるし、新しいバイクを買いに県外まで行ける…!

しかし、トラックである時点で嫁ちゃん却下が発動。ま、まあそうだろうな…!

ミラ イース

ダイハツの公式サイトより

ミラ イースも座ってみただけです。中古車だったかな。ダイハツのミライースかスズキのアルトが新車では一番安い部類のようです。室内空間は小さいけど、車体の幅・長さは軽規格ギリギリの大きさでタントやウェイクと変わりません。

去年の4月に五島列島でレンタカーのアルトを運転しましたが、それと同様の感じ。ミゼットに比べればとても広いと思います。

2018年4月に長崎県・五島列島に行った時にちょっとだけ運転したアルト。

今後のカーライフがどう変化していくか分からないので、とことん安く済ませるつもりであれば、乗り潰し目的のやっすい中古車でもいいかも。なお、嫁ちゃんは「誰が乗っていたか分からない中古車はイヤ。新車の匂いが好き。」と言っています。わはは。

キャスト アクティバ

ダイハツの公式サイトより

担当者がイチオシしていたのがキャスト。スタイルはそんなに嫌ではなく、ダイハツの中では一番よく話を聞きました。アクティバの試乗をしてみたかったけど、ちょうど試乗できる車がないとのことで、試乗ができるようになったら連絡をくれるということに。

その後、自宅に戻ってキャスト アクティバについて色々調べてみると、軽SUVの4WDということを知りました。

ダイハツ キャスト アクティバ 4WD、オフロード走破力を検証する[動画] | レスポンス(Response.jp)

軽4WDといえば、ジムニーやパジェロミニくらいしか知らなかったので、ちょっとしたオフロードを走っているアクティバの動画に惹かれました。街乗りユースにも違和感なく、オフロードにも入っていける素晴しさ。ちょっとミニのパチモンのような外見(誉め言葉)…。

オフロードコースのような荒地に突っ込むことはなくとも、枯葉・倒木・落石がたくさん落ちているガードレールもないような狭い山道には、割とよく遊びに行きます。

カブであれば躊躇いなく、こんな未舗装道に入っていきます。

さらに調べていくと、キャスト アクティバの対抗馬の位置にいるのはスズキ ハスラーという情報が。

「え!ハスラーも4WDモデルあるんだ!」

N-VAN 同様、入院中から一度乗ってみたかった新型ジムニーの試乗もしたいし、これはスズキに行くほかありません。

スズキ

年明けて1月3日。スズキの初売りの初日に合わせて店を訪れました。

ジムニー

スズキの公式サイトより

ハスラー

スズキの公式サイトより

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください