カブのウィンカーをLED化しました。

ウィンカーが壊れた

最近、カブの右ウィンカーランプがつきっぱなしになったり、点滅が不整脈状態になるという現象が出ました。オーディブルパイロット(ウィンカーランプの点滅時の「カチカチ」音を鳴らしている圧電スピーカー)も不整脈。鳴らないこともあります。
症状を動画で撮ってみました。

うわ死んでる。

このままでは整備不良で、公道を走ることができません。サイドカバーを開けてみます。電装系は車体右の方のカバー内にあります。

右のサイドカバーを外したところ。
純正のウィンカーリレー MITSUBA FR-2223

ンー、どうもウィンカーリレーがダメになっているようです。他に原因として考えられる可能性としてあるのは、リレーからハンドルにかけての配線ですが、センターケースやらレッグシールド、ハンドルカバーなど外すのが面倒だったので、オーム電機の安いテスターで通電チェックのみしました。

便利すぎる後付けのセンターケース。外して付けるのがちょっと面倒。

問題なし。この症状はハンドルの動きや車体の振動とは関係なく出ていたので、配線の接触不良ではないとなると、やはりウィンカーリレーかと思いました。

ウィンカーリレーを交換

ヤフオクで 360 円で売っていた新品の社外品ウィンカーリレーを注文しました。送料と合わせても 560 円。おやすい。ホンダ純正のミツバ製リレーの方が安心感がありますが、まあ、壊れるまで使ってみましょう。

新品のハズなんだけど、よく見たらスレてるな…。

僕のカブは12V車なので、12VDCのものを書いました。ウィンカーバルブは10W×4灯なので、0.1Wから150Wまで対応しているもので十分。早速純正リレーを外してコイツを取りつけてみました。

よく分からないメーカーのウィンカーリレーを装着ッ…!

すると…

  • 右前方のウィンカーは点滅した!
  • でも、オーディブルパイロットが相変わらず不整脈
  • そして、右後方のウィンカーバルブが切れてる…!

という状態でした… (´;ω;`)
うーん、ようやくカブに乗れると思っていただけに残念。

ウィンカーバルブをLED化

新しく取り付けたウィンカーリレーはLED対応のようです。どうせなので4灯すべてをLED化しようと思い立ちました。カブで使えそうなウィンカー用LEDバルブを探してみると、4個セットのオレンジ色のLEDが見つかりました。

今回購入したLEDバルブ(左)と元々ついていたバルブ(右)。

早速、取りつけてみたいと思います。ちゃんと光るかな〜。

オレンジ色のウィンカーレンズを留めている2本のボルトを抜くとレンズが外れます。
レンズを持って、ケーブルがついているソケットを捻るとレンズとソケットが簡単に分離します。
次に、バルブを引っ張ってソケットから外します。引っ張る際には捻らなくてOK。プラスドライバー1本でできるので、とても簡単です。

新しいLEDをソケットに取りつけたところ。

古いバルブを取り外し、ソケットにLEDのバルブを差し込みました。よし、ちゃんと固定されてるようだ。4灯すべてをLEDに交換して、満を持して点灯させてみます!

やった!点いた! でも…節子、それウィンカーやない。ハザードや… /(^o^)\

左右どちらのウィンカースイッチを入れても、大盤振る舞い全灯点滅のハザード状態になってしまいました。公道で乗れるかどうかでいうとかえって悪化。下調べをせずにやるからこういう事になります。

最近、あまり興味がないであろうバイクの話を聞いてくれてる。とても嬉しい。

ウィンカーレンズで遊んでいた嫁ちゃんが、この症状をぐぐってくれました。

カブのウィンカーは、リレー・スイッチ・ランプのほか、メーターにある方向指示器表示灯とオーディブルパイロットに接続されています。後者の二つは、どちらのウィンカーを点けても点灯し、音を鳴らします。つまり、左右どちらのウィンカーの配線にも接続しています。

サービスマニュアルを参考にウィンカーまわりの配線図を描いてみました。

普通のバルブの場合は10Wの消費電力があるため、片方のウィンカーランプ、方向指示器表示灯とオーディブルパイロットの3つで電力を使い切ってしまい、もう片方のウィンカーランプは点灯しないらしいですが、LED に換装して大幅に消費電力が下がると、余剰電力が通電して、もう片方のランプも点灯してしまうとか。

電気は詳しくないけど、なるほどと思いました。方向指示器表示灯とオーディブルパイロットがそれぞれ2本ずつの配線で済んでいるのはそういうことなのか。

本来であれば整流ダイオードを噛ませてちゃんとするようですが、上図でいう、空色(右ウィンカー)と橙色(左ウィンカー)の線を両方使っている部分を絶縁すれば、とりあえずウィンカーは使えるようです。

方向指示器表示灯とオーディブルパイロットは公道で走行するために不可欠という訳でもないです。カブの場合、ウィンカーそのものの方が運転していて目につきやすいので方向指示表示灯はほぼ使っていません。カチカチ音がなくなるのはちょっと寂しいですが、整流ダイオードが届くまでの一時しのぎにこの二つを切り離すことにしました。

ヘッドライトもLED化してます。一度バラすとハンドル内への収納がちょっとムズい。

ヘッドライトを外し、メーターを押し出します。

メーターの方向指示器表示灯につながっている空色(右ウィンカー)と橙色(左ウィンカー)の配線を切断しました。また、オーディブルパイロットはハンドルの奥深くに固定されていたため、上からハサミを入れて切断しました。すると、正しく左右のウィンカーが点滅するようになりました。
よかった… _(:3」∠)_

今回、パーフェクトとは言えないものの、とりあえずウィンカーの LED 化ができました。不備がまだまだ多いので今後も直していこうと思います。どうせオレンジ色の LED をつけたので、クリアレンズにでもしようかな?

(※この記事をそのまま参考にされる方はいないと思いますが、配線はカブの年式や種類によって変わりますので、よく調べてからいじる事をおすすめします。)


投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

「カブのウィンカーをLED化しました。」への5件のフィードバック

  1. 僕もリトルガブFIのウインンカーLEDに頑張っています。色々参考になりありがとうございます。

  2. 西田さん

    コメントありがとうございます!
    リトルカブもいいですね〜。僕の弟もリトルのキャブに乗っています。
    こんなブログですが、お役に立てれば幸いです。

  3. とりあえず明日ぐらいから梅雨入りみたいです明日アマゾンからLHN700整流ダイオードが届きます。梅雨明けからリトルガブFIウインンカーLED計画していきます。

  4. 西田さん

    梅雨に入りましたね〜。LED化、ぜひ頑張ってください。
    僕も整流ダイオードを噛ませないと、いつまでもオーディブルパイロット(ウィンカーのカチカチ音)が死んでいるままです(笑)

西田雅彦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください