フリーソフトウェア財団の特製 VISA カードの件

オープンソースの三次元数学ライブラリ OpenCASCADE のトレーニングを受けるべく渡仏するにあたり、海外でも使える VISA カードを取る必要が出てきた。

VISA カードといえば、GNU Project で有名な Free Software Foundation ( フリーソフトウェア財団 )がイカしたデザインのカードを発行している。

Introducing The Free Software Foundation Visa Platinum Card

インターネット上から取得申請手続きが出来るわけだが、米国の社会保障番号( SSN )の項目を埋めない限り、それ以上先に進む事が出来ない。

FSF のフォーラムや ML で聞く勇気もない自分は、info@fsf.org にメールを投げてみた。

info@~ なんて、個人的な質問メールを送る窓口じゃなさそうな臭いがプンプンしていたが、FSF のメンバーページに”Questions or feedback? info@~”とあるので仕方ない。

大量のスパムメールに埋もれてしまいそうで、リプライは期待していなかったのだが、半日もせずに返事が来た。

FSF のプログラムアシスタントであるジャンヌ・ラサタ氏曰く、

US residency is unfortunately a requisite, so living in Japan you would

not be eligible for the card.

との事。

SSN がないと取れないのは残念だけど、初めてサポートらしいサポートを受けた気分になれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。