玄箱HGとEndeavor NP11

中古5000円で購入した玄箱HGに Debian Etch を導入して、NFSサーバ/IRCクライアント/Proxyサーバとして稼動させている。それまで SHARP のラップトップ Mebius をサーバ化していたので、「次は電力を食わない省電力なミニサーバを」との事で玄箱を選んだ。

今更ながらUltraATAの80GB内蔵ハードディスク(7000円くらいした)を新品購入してきてセットアップし、四苦八苦しながらカーネルを入れ替えたり、玄箱ハードウェア特有の現象に悩まされたり、といろいろあった。

エプソンの「NP11」というネットトップマシンを見つけた。

玄箱HGEndeavor NP11
価格14800円(価格コム最安値)23100(エプソンダイレクトWEBクーポン)
ブランド玄人志向(現メルコ)セイコーエプソン
ハードウェア分類NAS boxネットトップ
付属OSKernel2.4系LinuxMicrosoft Windows XP Home SP3
CPUPowerPC266MHzAtom1.6GHz
RAM128MB1GB
ビデオなしオンボードSVGA~WUXGA
サウンドなしオンボード
ハードディスクドライブなしSATA130GB/5200rpm
光ディスクドライブなしなし
ネットワーク1000Base1000Base
USB2.02個6個
その他インタフェイスなしヘッドホン、マイク、ライン出力、ミニD-SUB
外形寸法60×173.5×185 mm20×153.5×172.5mm(突起部を除く)
動作音22dB17dB

Microsoftの低スペック低価格マシン向けのライセンスが適用されたような限界スペック。6年後のマシンと比較しちゃかわいそうな気がするけど、玄箱HGより使えそうだ。OS要らないから、あと3000円くらい安くならんかなあ。今日、24インチ液晶ディスプレイを購入したばかりなんだが、6300円OFFは明日の夕方までと書いてあるじゃないか、・・・また散財しそうで困る。

※ 2020/07/02 度重なるブログ移転・ブログシステムのアップデートにより崩れた記事を校正。

投稿者:

dyama

佐世保のシステムエンジニアです。詳しいプロフィールやこのブログについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください