常駐監視型 Twitter メディアダウンローダー「berryjack/win32」

bjw32

Twitter の常駐監視型メディアダウンローダー berryjack の Windows 移植版を作成しました。品質無保証の人柱版として公開します。

概要

監視対象となるアカウントを定期的に巡回して、メディアファイル(画像、動画ファイル)が投稿されていたら自動的にダウンロードしてくれます。投稿されたメディアファイルを一括ダウンロードする点では、他の Twitter ダウンローダーと変わりがありませんが、起動しておくだけで複数のアカウントを定期的にチェックしてくれるところが大きな特徴です。

また、HTTP 経由でメディアタイムラインのみを取得するため、ツイート全文を取得する Twitter API 経由でのアクセスよりも少ないトラフィックで済み、直近 3200 ツイートしか取得できないという制限がないという特徴もあります。

各国の報道機関や犯罪組織の声明など発信される情報が注視されるようなアカウントや、イベントなどで期間限定のアカウントなどを監視するのに最適です。

ダウンロード

使い方

  1. 「list.txt」に監視対象のアカウントを1行に1つずつ書いて保存します。たとえば、アカウント「@AbeShinzo」「@tenkijp」「@jaxa_jp」「@pamyurin」の4つのアカウントを監視したい場合は、下記のように書きます。「@」マークはあってもなくても良いです。

bjw32_list

  1. バッチファイル「start-bjw.bat」をダブルクリックして実行します。コマンドプロンプトが起動して、ダウンロードが開始されます。ダウンロードした画像と動画ファイルは、download フォルダ内にアカウント毎に保存されます。

  2. 終了するには、コマンドプロンプトを閉じます。閉じるまで、ずっと監視&ダウンロードが実行されます。

注意事項・免責など

このバージョンは人柱版です。自己責任でお使いください。 このソフトを利用して発生したいかなる不具合、不都合も作者は責任を負うことができません。 また、Twitter やその他のサーバーに負荷をかけるような設定、運用は絶対に行なわないでください

ライセンス情報等は、配布しているアーカイブファイル内に同梱しています。

IS01 に Busybox をインストール

9月4日に購入したシャープの IS01 は、既に最新のファームウェアになっているようで、”/data/busybox”がパスから外されていた。それでも、Android Terminal Emulator 上で使う分には支障がないので、こちらを参考に、Android 用 Busybox を導入してみる。

続きを読む IS01 に Busybox をインストール