LMDE(Linux Mint Debian Edition)2 で Google Drive を使う

Linux で Google Drive を使う方法は google-drive-ocamlfuse 一択かなーと思っていたら、Grive というオープンソースのソフトを知ったので入れてみました。google-drive-ocamlfuse は fuse... 続きを読む | シェアする

Let’s Encrypt + nginx で SSL 化

自分用の覚え書きです。 環境 Debian GNU/Linux Jessie さくらVPS ドメイン取得・DNS設定済 Let’s Encrypt を利用 準備 手順は大体ここに載っているとおり。ドメインが割り当てられたホストにログインし... 続きを読む | シェアする

LMDE2 で RAID10 環境を組みました(追加編)

メインマシンはデータ保存用に3TBのハードディスクを4本積んでいます。前回換装してから3年半ほどが経ち、使用時間が軒並3万2000時間を越えている状態です。 去年の10月に新しいマシンを組んだ際にハードディスクをそのまま移し騙し騙し使っていたのですが、先... 続きを読む | シェアする

Linux で Microsoft Xbox One Kinect センサーを使ってみました

先週からスマホカメラ、USBカメラ×2台、Kinect 360 と深度マップ撮影をやっていて、とうとう Kinect One の購入に至ったので書いておきます。 新品が到着 Amazon で Kinect One 本体と専用の電源・USBアダプターを購入... 続きを読む | シェアする

LMDE2 (Linux Mint) に Easystroke を入れました

LMDE2 (Linux Mint Debian Edition) に、X 上でマウスジェスチャを実現する Easystroke を入れました。 Ubuntu では公式リポジトリに登録されているので APT で入りますが、LMDE、Linux Mint、... 続きを読む | シェアする

Linux で Kinect と RTAB-Map を使ってみました

前回の記事の後半、RTAB-Map で freenect2 が使えない…と四苦八苦していましたが、そもそも今回購入した Microsoft XBox 360 Kinect センサーは v1 と呼ばれる古いものでした。なので、v2 用の freenect2... 続きを読む | シェアする

Linux で Microsoft Xbox 360 Kinect センサーを使ってみました

昨日、Amazon で中古で売ってあったMicrosoft Xbox 360 Kinect センサーが届いたので、早速 Linux で使ってみました。 環境 LMDE2 64bit Microsoft XBox Kinect 360 センサー (電源・... 続きを読む | シェアする

3/26メモ

heroku わかりやすい。 Heroku入門 (全12回) – プログラミングならドットインストール heroku 上で Rails アプリが動くところまでざっと見てみました。てか、heroku の前にまともに Rails の勉強しなき... 続きを読む | シェアする

OpenCVでステレオマッチング(ステレオカメラ)

前日より引き続き、OpenCV でステレオ画像による深度計算をやっています。 昨晩、スマホの単眼カメラで撮影した2枚のステレオ画像の深度計算で割と良さそうな結果が出たので、Amazonで安いWebカメラを二つ注文。早速届いたので遊んでみます。 環境 L... 続きを読む | シェアする

OpenCVでステレオマッチング

かなりの今更感はさておき、OpenCV でステレオ画像による深度計算をやっています。 環境 LMDE2 64bit OpenCV2 Python2.7 スクリプト 入力画像と深度計算の結果 cv2.StereoSGBM() のパラメータをいじくり回... 続きを読む | シェアする

Ruby と OpenCV でカメラを使う

前回に引き続き、ruby-opencv でカメラデバイスをソースにしてリアルタイム検知をやってみたいと思います。 使っているカメラ Microsoft 社製の USB 接続 HD ウェブカムです。エンドユーザ向けにしてはちょっと高めですが画質も良いです。... 続きを読む | シェアする

Ruby と OpenCV でチェッカーボード検知

前日に引き続き、ruby-opencv でチェッカーボードを認識させてみたいと思います。チェッカーボードとは市松模様のパターンのことで、これを認識することにより映像中の3次元座標系(の行列)を確定させることができ、映像の上に3Dモデルをマッピングする第一... 続きを読む | シェアする

Ruby と OpenCV で顔認識

去年の秋に組んだ新しいメインマシンは、MSI のB150M MORTAR ARCTIC (MS-7A45) という新しいマザボで、LMDE2 x64 を乗せて使おうとすると USB デバイスまわりが突然使用不能になったりして厄介でした。 MSI B1... 続きを読む | シェアする

Raspberry Pi 3 で mruby を動かす

Raspberry Pi 3 が届きました! 発売より半年ほど出遅れましたが、ようやく Raspberry Pi 3 Model B を購入したので、組み込み向け軽量 Ruby である mruby を動かしていきたいと思います。 RPi3 は 1.2G... 続きを読む | シェアする

マルコフ連鎖を使って文章の自動生成を行う

割と古典ですが、マルコフ連鎖の考え方を用いて、自動生成するスクリプトを書いてみました。入力した文章の単語同士の結合情報を重みづけをして「それっぽい文章」を生成してくれるやつです。以前からよく人工無能などでの実装で使われていますね。 ソースとなる文章をわ... 続きを読む | シェアする

括弧を省略したLispコードのプロセッサーを書いてみました。

supoo(旧実装) これまで業務でも趣味でも Lisp をガリガリ書くということはなく、せいぜい Emacs の設定ファイルを書くことにしか使ったことがありませんでした。 構文は非常にシンプルで、「これなら字句解析も構文解析も自分で書けそうだ。C と ... 続きを読む | シェアする

アスペクト比と面積から縦横の大きさを求めるRubyスクリプト

ImageMagick の montage コマンドを使うと複数の画像をタイル状に並べて、1枚のサムネイル集合写真のような画像を作成することができます。スマートフォンの「カメラロール」のようなものです。 具体的には次のようなコマンドでサムネ画像を生成... 続きを読む | シェアする

最古の Ruby 実装をちょっとだけ覗いてみました

職場で定期的にやることになった Ruby 勉強会の資料作りをしていて、ブロック構文を投げてメソッド側から述語を呼ぶコールバック機能はいつから設計されているのかな、と気になって調べていました。 ドキュメントにも、以前から (ブロック付きメソッドは)最初は... 続きを読む | シェアする

Raspberry Pi と Ruby で「Lチカ」をやってみました

ラズパイを何年も前に購入して Raspbian を入れて ssh できて、X も動いてふぅ…と、ひと落ちつきした後、全然触っていませんでした。 せっかくラズパイを持っているんだからと思い立ち、ヤフオクで売っているキットを購入。子供の頃からやってみたかった... 続きを読む | シェアする

Ruby (とHSP)によるライフゲーム

高校生の頃買った、奥村晴彦先生の「C言語による最新アルゴリズム辞典」で知ったライフゲーム。当時は C を覚えたばかりで、グラフィカルなソフトなんてほぼほぼ書けませんでした。 最新アルゴリズム辞典ではグラフィックを使わず端末上の文字で各セルを表現するもので... 続きを読む | シェアする

mruby で有理数を扱う mruby-rational を書きました

本家 CRuby の Rational クラスは、バージョン 1.9 から require せずに使えるようになっていますが、mruby では本体に組み込まれておらず、該当するような mrbgem も見つからなかったので書いてみました。 dyama/m... 続きを読む | シェアする

mruby から Lua を呼び出すための mruby-lua を書きました

mruby は、こちらでも述べられているように組み込み言語として広く使われている Lua を強く意識した実装になっています。 mruby も Lua もそれぞれ、他システムに組み込むのが簡単ということだけあって、多からず相互利用の試みは mruby が登... 続きを読む | シェアする

mruby-regexp-pcre の String#gsub について

IIJ さんが開発している mruby 向けの正規表現ライブラリ iij/mruby-regexp-pcre を使ってたら、本家 CRuby と違う挙動の部分を見つけました。 # 文字列の先頭に空白が含まれている場合、それを取り除く。 "foo".gsu... 続きを読む | シェアする

C++のクラス宣言の文法について

C++ビギナー向けに書いた文章です。 C++の入門書では、クラスの書き方を次のように教えているものが多いと思います。 class MyClass { // ... }; int main() { MyClass foo = new MyClas... 続きを読む | シェアする

FORTRANコードをCで使う

仕事で古い FORTRAN77 のコードを .NET Framework (C# アプリ)から呼ぶことになり、ビルドと呼ぶ手順について検証しました。それまで漠然としたイメージしかなかった FORTRAN を触れる良い機会だったので、覚え書き程度に一般的... 続きを読む | シェアする

Ruby 版 Brainfuck インタプリタを書いてみました。

以前、C 言語で Brainfuck インタプリタを書きましたが、今度は Ruby で同じものを書いてみました。 クラス Machine を簡単なバーチャルマシンに見立てて、メモリの保持と演算を行なわせています。 C 言語版同様、hello.bf を... 続きを読む | シェアする

常駐監視型 Twitter メディアダウンローダー「berryjack/win32」

Twitter の常駐監視型メディアダウンローダー berryjack の Windows 移植版を作成しました。品質無保証の人柱版として公開します。 概要 監視対象となるアカウントを定期的に巡回して、メディアファイル(画像、動画ファイル)が投稿されて... 続きを読む | シェアする

最小二乗法を用いた直線式の算出

二次元空間上に分布する2つ以上の座標集合を直線で近似する際、最小二乗法という手法を使います。 定義 直線の式を一次関数 とおくと、直線の傾き a と切片 b は次の式で求めることができます。 Ruby スクリプト この式を Ruby で書いていきた... 続きを読む | シェアする

OpenCASCADE 6.9.0 を LMDE でビルド

先日、自宅サーバの Debian GNU/Linux Jessie 32bit 版で OpenCASCADE 6.9.0 と siren をビルドしました。 自宅サーバは、SSH で外部からアクセスして開発ができるので便利である一方、オンボード Atom... 続きを読む | シェアする

OpenCASCADE 6.9.0 を Debian でビルド

先月の12日にリリースされた Open CASCADE の 6.9.0 をビルドしました。公式のロードマップでは 6.x 系列は 6.8 が最後で、次は 7.0 になるとの話だったはずですが、何だかんだで 6.9 がリリースされた模様。 v6.9 のリリ... 続きを読む | シェアする