【カブうろ】大村の長崎県運転免許試験場に行ってきました。

普通自動二輪免許の交付手続きのため、大村市にある長崎県運転免許試験場に行ってきました。

佐世保から片道50km、もちろんカブでは高速道路や自動車専用道は走れないのですべて下道です。朝はとても寒かったですが、買ったばかりのアクションカメラをつけて走ったので、良いドライブになりました。

試験場には午前9時10分前に到着。普通四輪免許の時は学科試験の窓口に並びましたが、今回は学科試験免除窓口。受付をして視力検査、手数料の支払いを済ませて交付を受けました。「写真を持っていくと免許証に使ってもらえる」という話を聞いたので、教習所の入校手続きの際に余ったものを持参。聞いてみると、撮影機材と免許交付の装置が連動しているようで「写真持ち込みの場合は機械が違うから、交付は一番最後になりますよ」と言われました。この日は30名ほど学科試験免除で交付を受ける人がいましたが、持ち込みは自分だけでした。 結局一番最後であったものの、それほど待たずに新しい免許証を受け取ることができました。ただ、毎日大人数の交付業務をされているようですので、その場で写真撮影する方が良い気がしました。全員が全員写真持ち込みだと大変だろうな。試験場の方は嫌な顔ひとつせず対応していただけましたが、お手数かけてすみませんでした。

「普通」に加えて、「普自二」の文字! 3週間がんばった甲斐がありました〜。

大村から佐世保の帰り道は、山沿いにある大村湾グリーンロードを走ってみました。海沿いの道って道幅が狭いのに車が飛ばして怖いんですよねー。

道の途中にとても良いロケーションがありました。高い高架のグリーンロードと、下のトンネルから出ている高架は建造中の長崎新幹線でしょうか。そのまま鉄道ジオラマにしても面白そうな立体感でした。

視点を向かって左に映すと…

奥に広がる大村湾。良い天気でとても綺麗。

カブさんも心なしか上機嫌でした。

投稿者:

dyama

システムエンジニアです。佐世保に住んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。