mewに関する覚書

Emacsen で動作する国産メーラです。CUI メーラは、ちょっと前まで alpine を使用してましたが、いろんな ML でもよく見かける Mew または Mutt に乗り換えてみようかなと思いました。

設定

~/.mew.el を以下のように書けば、とりあえず動いている模様。

 

(setq mew-auto-get nil)                    ; 起動時にメール取得
(setq mew-use-cached-passwd t)             ; パスワードをメモリに記憶
(setq mew-pop-delete t)                    ; メール取得後、削除
(setq mew-reply-to "dyama@example.com")    ; メールの返信先の指定

;; アカウント設定
(setq mew-config-alist '(
    ("default"
      ("pop-ssl"      . t)
      ("pop-ssl-port" . "995")
      ("pop-auth"     . pass)
      ("inbox-folder" . "+inbox")
      ("name"         . "dyama")
      ("user"         . "dyama")
      ("mail-domain"  . "example.com")
      ("pop-user"     . "dyama***@*****.com")
      ("pop-server"   . "pop.*****.com")
      ("smtp-ssl"     . t)
      ("smtp-ssl-port". "465")
      ("smtp-user"    . "dyama***@*****.com")
      ("smtp-server"  . "smtp.*****.com")
    )
  )
)                                                                    

;メッセージ振り分けルール
(setq mew-refile-guess-alist
  '(
    ("To:"
      ( "vine-users@listserv.linux.or.jp" . "+ml/vine-users" )
      ( "debian-users@debian.or.jp"       . "+ml/debian-users" )
    )
    ("From:"
      ( "noreply@slashdot.jp"             . "+ml/shashdot-japan" )
    )
  )
)

概念

  • メール一覧をサマリ(Summery)と呼ぶ。メール作成画面をドラフト(Draft)と呼ぶ。
  • 階層化フォルダで管理する事が出来る。フォルダは、ディレクトリとして ~/Mail? 以下に存在する。
  • 送信後のメールは +backup フォルダに格納される。
  • メールを削除や移動したい場合、マークという作業で印を付けておいてから実行する。
  • 他の Emacs 上で動くアプリケーション同様、ウィンドウ制御コマンドなどは Emacs に任せてある。
  • Mew だけの概念ではないが、マルチパートとは「ヘッダ+メッセージ」に加えて、添付ファイルがくっついたメールを指す。

キーバインド

動作
モード
コマンド
備考
メールを読む サマリ (space) スペースキーを連打していけば、次のメールへと自動的に順番に表示してくれる。C-x o でアクティブウィンドウを切り替えて C-n と C-p で行スクロール。
メールを書く サマリ w To: エリアで宛先入力→Tabキーによる補完が可能。
メールを返信する サマリ a 本文を引用してドラフトモードに入るには A 。
メール作成をやめる ドラフト C-c C-q もちろん C-x 0 でウィンドウを閉じる事も出来るが、内容は破棄されない。
本文末尾に署名を挿入する ドラフト C-c TAB 署名は ~/.signature に記載しておく。
ファイルを添付する ドラフト C-c C-a Attachments で c = 追加、d = 削除。
GPG署名を付与する ドラフト C-c C-s
GPGで暗号化する ドラフト C-c C-e
メールを送信する ドラフト C-c C-c
全てのメールにマークする サマリ ma 表示中のフォルダ内の全メールに * マーク。一括移動や削除などに。
マークしたメールの移動先を設定 サマリ mo
マークを外す サマリ u
削除マークをつける サマリ d
表示フォルダを移動 サマリ g
ソートする サマリ S Virtualでソートされるので、恒久的にソートを行うには M-s する。(メールフォルダの合体などでメール番号が乱れた場合など)
メール本文の表示・非表示 サマリ v
自動で移動先マークを設定する サマリ M-o
マークしたメールの処理を実行する サマリ x
フォルダを再構築 サマリ C-u Z 例えば、不要なフォルダは対応するディレクトリを削除後、このコマンドを実行する。
マスターパスワードの変更 サマリ C-c C-m mew-use-master-passwd が nil 以外の時。
重複メールに削除マークをつける サマリ Md MessageIDから判別。
マルチパート表示 サマリ . 「M」表示のメッセージにカーソルを合わせてピリオド。
アカウント切り替え サマリ C C をタイプ後、アカウント名。

+inboxにあるクロネコヤマトからのメールを+order/shipに移す。

 /from=yamato
 ma
 mo
 +order/ship
 x
 x

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。