HTML5+WebGLシーンがブラウザで簡単に作れる「Goo」を試してみた

投稿者: | 2015年3月4日

siren で船型を作成し、Maya で艤装を作成して、Blender に持っていって Unity 向けに出力した FBX 形式の駆逐艦「島風」のモデルを試しに読み込ませてみると、難なく使うことができました。

上の画面内でマウスをドラッグすることにより、視点を変更することができます。また、Android の Firefox や Chrome でも、こちらの URL に直にアクセスすることにより、3D 表示&フリックによる視点回転とズームができました。

簡単な操船や海戦ゲームくらい作れそうですね!

HTML5+WebGLシーンがブラウザで簡単に作れる「Goo」を試してみた」への1件のフィードバック

  1. mania

    問い合わせフォームがないため、失礼いたします。

    hangousuisanの新バージョンの公開は、まだでしょうか?
    旧版だと、圧縮レベルの調整ができず、思ったように容量削減ができず、困っています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。