海上自衛隊佐世保基地 護衛艦「しまかぜ」一般公開

投稿者: | 2014年8月30日

海上自衛隊佐世保基地で8月30日、31日に行なわれた護衛艦の一般公開に行ってきました。今回、公開されるのは護衛艦「しまかぜ」です。 先週の半ば、同僚と一般公開の話が出てそれなら行ってみようという話になり、今回は車で行くことにしました。JR佐世保駅から目と鼻の先に、一般公開が行なわれる「倉島岸壁」はありますので、遠方からでもアクセスがしやすい立地です。 なお、一般公開の日程は海上自衛隊佐世保地方隊のホームページで公開されています。あまり大きくないですが、施設内に一般来訪者向けの駐車場があり、日時限定ですが喫茶スペースもあるので軽食ができます。

午後2時半、入口で手続きを済ませて中の駐車場に入りました。夏休み最後の週末ということもあり、人手が多いかと思ったらそれほどでもありませんでした。

SONY DSC

来訪者駐車場には早速痛車が。前回、佐世保基地に入ったのは「艦これ」がブームになる直前の2013年3月でしたので、この手の来訪者はいませんでした。時代の流れなのかな。 ちなみに駆逐艦「吹雪」、「雷」は佐世保に由来はないですが、航空母艦「加賀」は全通式飛行甲板への改装やカタパルト装備などを装備しています。

奥の岸壁に進むと、係留されている艦が見えます。

SONY DSC

左から、あぶくま型護衛艦「せんだい」、あさぎり型護衛艦「はまぎり」、はつゆき型護衛艦「まつゆき」。今回はこれらには乗れません。

SONY DSC

前方に係留されているこちらです。手前から、むらさめ型護衛艦「ありあけ」、はたかぜ型護衛艦「しまかぜ」、あぶくま型護衛艦「じんつう」です。

SONY DSC

本日、公開されているのはしまかぜですが、しまかぜに乗るために接岸しているありあけの中を通ります。

SONY DSC

ありあけに乗り込み。後ろ姿は同僚のHさんです。

SONY DSC

ありあけのデッキ。全体的にスッキリした印象です。

SONY DSC

しまかぜのデッキに移ったところ。右は通り過ぎただけのありあけです。前回は、自衛官の方が一人ついて色々と紹介してまわってくれたんですが、今回はありませんでした。ただ、やたらと敬礼されました(笑)

SONY DSC

しまかぜのブリッジ。イージス艦のようなSPYレーダーはありません。

SONY DSC

ありあけのアンテナ部。

SONY DSC

しまかぜの73式54口径5インチ単装砲。

SONY DSC

しまかぜの名前入り救命具。これストライプじゃないんだよ!

SONY DSC

ありあけのブリッジ。昭和の終わりごろ建造されたしまかぜに比べ、ステルス性が若干良い今のイージス艦っぽい形をしてます。ありあけは2002年に就役した三菱長崎造船所製です。

SONY DSC

SONY DSC

5インチ単装砲、前から。

SONY DSC

SONY DSC

単装砲の前にはMk13 GMLSがあります。これでスタンダード対空ミサイルを発射できます。

SONY DSC

じんつうの前方から。62口径76mm単装速射砲がのってます。ちなみに、じんつうは1990年就役、しまかぜは1988年です。

SONY DSC

SONY DSC

しまかぜは、前からGLMS、単装砲、アスロックランチャー、ブリッジの順に配置されています。これは対潜用74式アスロック8連装発射機。

SONY DSC

しまかぜのブリッジ。渋くてカッコいい色です。

SONY DSC

じんつうの速射砲ふたたび。

SONY DSC

さらにしまかぜのブリッジ。ほぼ撮った順番なので、あっちに行ったりこっちに行ったりご容赦ください。

SONY DSC

しまかぜの左舷側のデッキ通路です。隣がじんつう。

SONY DSC

じんつうのブリッジとアンテナ。

SONY DSC

チャフの発射の際の注意事項が書いてありました。敵ミサイルが飛んできたら、このチャフ(おとり)を発射して回避行動します。

SONY DSC

名前入りのブイ。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

じんつうの救命具。おそろいです。

SONY DSC

SONY DSC

人が少なくて撮影にはちょうど良かったです。

SONY DSC

SONY DSC

ハープーンSSM4連装発射機。対艦用。

SONY DSC

68式324mm3連装短魚雷発射管を眺めるHさん。魚雷発射管を眺めるなんて、普通に生活していたらそうそうないですよね。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

以前、自衛官の人に教えてもらったんですが、この魚雷発射管、人力で動かして撃てるんだとか。島風型駆逐艦「島風」も、零式5連装魚雷発射管を搭載していましたが、5連装管は人力で動かすことができるギリギリとか聞いた覚えがあります。

SONY DSC

しまかぜ→じんつうへの架け橋。誰もいないし綱もかけてないしその気になったら渡れそうですが、大人なので渡りません。

SONY DSC

じんつうのアスロックランチャー。

SONY DSC

左がじんつう。

SONY DSC

CIWSの説明書きが、後部の5インチ単装砲に下げてありました。写真が横を向いてるのは愛嬌です。

SONY DSC

ふりかえった頭上にあるのがCIWS。

SONY DSC

SONY DSC

じんつうの後部甲板にも1基あります。

SONY DSC

護衛艦はあんまり詳しくないですが、後部にも単装砲があるって面白いですね。左じんつう、中しまかぜ、右ありあけです。

SONY DSC

じんつうの船尾。しまかぜも後部甲板から1段下がったところに似たようなデッキがあります。

SONY DSC

しまかぜの船尾から見た、後方に係留されているせんだい、はまぎり、まつゆきです。

SONY DSC

またふりかえってしまかぜ。後の形が全然違いますねー。

SONY DSC

SONY DSC

ありあけの後部格納庫と救命具。

SONY DSC

しまかぜの単装砲。その先には佐世保の街が!

SONY DSC

吊るされたカッター。自分らの順路の先に、旧海軍の戦闘帽をかぶった女性が一人で写真を撮りまくってました。(奥の魚雷発射管を撮ってる人)黒髪ロングに戦闘帽スタイルは、佐世保海軍工廠出身の駆逐艦「暁」を彷彿させます。何にしろ、ファンが増えるのは良い事ですねー。

SONY DSC

SONY DSC

こういうゴチャゴチャした感じが好きです。

SONY DSC

SONY DSC

右舷の魚雷発射管。

SONY DSC

右しまかぜ、左ありあけです。

SONY DSC

ありあけの側面。煙突部分もすっきりしてます。

SONY DSC

揚がってから、ありあけのブリッジ部を撮りました。

SONY DSC

近くに係留されていた多用途支援艦「あまくさ」。以前、対岸の鯨瀬桟橋から望遠レンズで撮影したことがあります。

SONY DSC

ありあけのアンカー。

SONY DSC

ありあけ。

SONY DSC

あまくさ。

SONY DSC

またありあけ。

SONY DSC

厚生センターがある丘に登ってから撮ったありあけ。この時点で3時を少しすぎていましたが、ほとんど観覧者はいなくなっていました。

SONY DSC

SONY DSC

厚生センターです。土曜日だったので喫茶「フェニックス」は営業していませんでしたが、売店でいろいろとお土産を買ってみました。

海上自衛隊佐世保基地 護衛艦「しまかぜ」一般公開」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 旧帝国海軍 佐世保鎮守府 針尾送信所 電波塔 | dyama's home page

  2. ピンバック: 鎮守府史跡探訪〜佐世保軍港クルーズ〜 | dyama's page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。