音声合成エンジンを使ってみる

投稿者: | 2011年12月1日

espeak

オープンソースのスピーチ・シンセサイザー。Ubuntu であれば、標準リポジトリから導入することができます。

[bash]espeak -v f4 -s 160 -p 65 "Ubuntu linux booting completed."[/bash]

AquesTalk

株式会社アクエストが開発した国産の音声合成エンジン。日本語ベース。下の例では、AquesTalk の Windows 向けフロントエンドの CmdTalk を用いて、wine 経由で発声させています。

[bash]

!/bin/bash

nen=date +%Y
gatsu=date +%-m
nichi=date +%-d
ji=date +%-k
fun=date +%-M
youbi=date +%w

case $youbi in
0) youbi="にちよ’ーび";;
1) youbi="げつよ’ーび";;
2) youbi="かよ’ーび";;
3) youbi="すいよ’ーび";;
4) youbi="もくよ’ーび";;
5) youbi="きんよ’ーび";;
6) youbi="どよ’ーび";;
esac

ampm=

if [ $ji -lt 12 ] ; then
ampm="ご’ぜん"
else
ampm="ご’ご"
ji=$(($ji-12))
fi

nen=$(($nen-1988))

(
echo -n "ただ’いまの/じ’こくわ。。。。"
echo -n "へーせー<NUMK VAL=$nen COUNTER=ねん>。<NUMK VAL=$gatsu COUNTER=がつ>;<NUMK VAL=$nichi COUNTER=にち>。$youbi。。。。"
echo -n "$ampm。。<NUMK VAL=$ji COUNTER=じ>;<NUMK VAL=$fun COUNTER=ふん>でス。。。。。。。。。。。。。。。。"
) | nkf -s | CmdTalk.exe /SPEED 1.0 /STDIN 2>/dev/null &
[/bash]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。