FSFからの手紙

今年 6 月に Free Software Foundation (フリーソフトウェア財団) の幇助会員になってみた。

それから半年、郵便ポストを確認すると、ボストンの本部から一通の封書が届いていた。雪の降るクリスマスの朝に届くなんて憎らしい。さっそく中を確認すると、以下のものが入っていた。

  • USB 型メンバーズカード
  • FSF と GNU のステッカー
  • 会報
  • 募金用のカードと返信用封筒
  • 会員になった事へのお礼の手紙
  • 同梱品の解説の紙×2

f:id:dyama:20110105005803j:image

内容物は、こちらこちらのページを見て知っていたが、メンバーズカードに自分の ID とナンバーの刻印がなかったり、解説の紙が何故か 2 枚も入っていたり、と仕事が雑になっている気がしてちょっとがっかり(´・ω・`)

USB 型メンバーズカードは、Linux のブータブルメディアとなっており、このカードには Trisquel GNU/Linux 4.0 が入っていた。日本ではまだあまり馴染みのないディストリのようだが、スペインで開発されている Ubuntu ベースの 100% フリーソフトウェアで固められたディストリのようだ。次世代 Debian といったら聞こえがいいが、Ubuntu から権利関係の難しいパッケージを抜いただけのような気もする。

メンバーズカードの Trisquel は、FSF 版としてカスタマイズされており、ところどころに FSF のロゴがある。USB を差して起動すると、GRUB 画面で使用言語( 日本語もある ) を選択し起動。

ブータブル CD とは違い、いわゆる「コンピュータに変更を加えないで使用する」では、前回終了時の変更状態がそのまま USB メモリ内に保持され、次回以降の起動でも引き続き使用する事ができる。USB の中を見てみると、ディスクイメージファイルを rw でループバックマウントしている。

時間が出来たらもうちょっと遊んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。