IS01 の端末エミュレータやSSHクライアントで Ctrl や ESC などの特殊キーを使う

多くのスマートフォンでは、キー数を抑える為に特殊キーが搭載されていない場合がある。IS01 も例に漏れず、CtrlやESCといったキーがない。UNIXコマンドを使おうとすると、なかなか致命的である。

Android Terminal Emulator で特殊キーを使う

Android Terminal Emulator には、それを補う為に特殊キーを入力する方法が別途用意してある。

まず、Android Terminal Emulator を起動し、Menu キーを押下すると”Special Keys”というメニューが出てくる。このメニューをクリックすると Ctrl や ESC といった特殊キーの入力方法の早見が表示される。それによると、以下のようになる。

効果 入力方法
Control-@(NULL) Ball-Space
Control-A..Z Ball-A..Z
Control-[(ESC) Ball-1
Control-_ Ball-5
Control-\ Ball-.
Control-] Ball-0
Control-^ Ball-6

表での Ball とは、スクロール時などにコロコロまわすトラックボールを押し込む事。例えば、トラックボールを押し込みつつ、数字の1を押すと、ESCキーが押された事になる。

これで、Busybox 版の vi や、C-c(シェルコマンドの中止)などを利用する事が出来る。

ConnectBot (SSHクライアント) で特殊キーを使う

こちらは Android Terminal Emulator よりもシンプル。

効果 入力方法
Control Ball(1回押す)
ESC Ball Ball(2回押す)

これで、tscreen をかました nethack でいつでも遊ぶ事が出来る。

# ところで、パイプ(|)はどうやって入力するんだろう?

追記

標準の Connectbot では、パイプに加え、その他の特殊キーも(物理的に)入力する事が出来ない。自力でビルドし直すか、クリップボードからのペーストで代用する他無かったが、以下の記事で、キーマップを変更したバイナリ(apk)が配布され始めた模様。

http://d.hatena.ne.jp/mk18/20101023

わーい後で試してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。